美容整形の第一歩、まずは方法を知ることから

実績急増中の二重整形

近年、技術の発達や生活水準の向上により、美容整形を検討する人が増えています。とくに様々な年代で注目を集めているのが、二重整形です。整形に不安がある人におすすめなのが、「埋没法」。瞼の裏に糸を入れ、引っ張ることで二重にする方法です。切開せず糸のみ用いるため、修正が用意で、仕上がりも自然です。メンテナンスいらずの二重がほしければ、「切開法」があります。元に戻せないのでよく考えて施術しなければいけませんが、くっきりした二重が手に入ります。また、「瞼の脂肪吸引」によって瞼の腫れぼったさを解消する方法もあります。

目の他にも、顔まわりいろいろ

目の他に気になるパーツとして、たとえば鼻や輪郭があるのではないでしょうか。鼻に対しては、高くしたり低くしたりする美容整形があります。前者は「プロテーゼ」という物質を注入し、後者は鼻の穴の皮膚を切って縫合します。輪郭に関しては、よく行われるのがエラや顎の骨を削る方法です。それが怖いという人には、ヒアルロン酸を注入して、気になる部分を目立たせなくする方法もあります。また、ボトックスはシワ伸ばしや小顔効果があります。

バストのコンプレックスも解消

昔からある、美容整形の代表格といえばバストアップです。昔はいかにも分かりやすい見た目になってしまっていましたが、現在は技術の進歩により、柔らかく自然な仕上がりができます。切開しバッグを入れるものと、切開せず物質を入れるものがあります。用いられる物質は、半永久的な効果がある「プロテーゼ」や、時間が経つと吸収される「ヒアルロン酸」などです。前者は高価で、後者は安価という違いもあります。ヒアルロン酸注入の場合、何度か注入しなおす必要がありますが、修正も容易なことがメリットです。

治療方法を決めながら美容整形をするようにしてください。このようなスタイルを大切にしていれば納得のいく施術が受けられます。