血液クレンジングってどれくらいの感覚で行えばいいの?

癌などの病気の補助療法の場合は…?

国内では疲労回復や肌の悩みの解消のために施術されるケースの多い血液クレンジング。この治療法は、本来は癌やHIV、心臓疾患のために発展したものです。体が弱っている人に施術されるものですから、患者さんの体に負担もなく副作用もないように治療法も確立されていますから安心してくださいね。患者さんの体が本来持っているはずの自然治癒力を高めてくれます。癌などの補助療法に利用する場合は、一週間に三回くらい受けるといいでしょう。

アンチエイジング、疲労回復などの場合

揚げ物やスイーツなどの甘いものは美味しくてたくさん食べてもまだ足りないと思ってしまいますし、運動は社会人にとっては時間を作ること自体がハードルが高めですよね…。そういう生活をしていると血液がドロドロになって赤血球も劣化して柔軟性がなくなってしまうんです。どういう結果をもたらしてしまうのかですが、肌荒れや老化、疲れがたまりやすい状態となります。これらの場合は、週に一回くらいの目安で血液クレンジングをしましょう。忙しいなら月に二回でもOKです。

一回だけ行う場合は…?

血液クレンジングは定期的に続けた方が体質そのものを変えていくことができますし、全身を活性酸素から守ることにあるのでエイジングケアにも有効です。続けていくうちに血液クレンジングを受ける頻度を減らしていっても大丈夫。でも、一回だけでもはっきり効果を実感することもできるんですよ。冷え性が気になる人は、点滴で鮮やかな赤い色になった血液を身体に入れていく時に体がぽかぽかしていくことがわかるはずです。頭痛や疲労も一回で軽減しますよ。

自然治癒力を高めるのであれば血液クレンジングを使いましょう。若さや健康も保ってくれるので必需品です。